ストリーミングアプリケーションをダウンロードする ストリーミングアプリケーションをダウンロードする

ストリーミングアプリケーションをダウンロードする

Live Aware デスクトップレコーダー

Live Aware デスクトップレコーダーを使用すると、チームに直接安全にライブストリームを送信できます。ストリームは保存され、いつでも視聴できます。Live Aware デスクトップレコーダーを使用することで、チームをライブストリーミングさせる方法はこれ以上簡単になりません。

Windows 11用 Live Aware デスクトップレコーダー

注: インストールプロセスの一部として、Windows Defenderをバイパスする必要があります。これを行うには、Windows Defenderのダイアログが表示されたときに詳細情報実行をクリックします。

Windows 11の紹介 – Windows 11ニュース発表のための報道資料

Windows 11用 Live Aware デスクトップレコーダーをダウンロード

MacOS用 Live Aware デスクトップレコーダー (アルファ)

MacOS用のLive Aware デスクトップレコーダーはアルファとして使用可能です。サポートはありますが、ユーザーはインストールに必要な以下の手順を理解する必要があります:

  1. インストーラをダウンロードした後でインストールを開始するには、アプリのアイコンをControlクリックし、ショートカットメニューから開くを選択します。この方法に関する詳細は、この MacOS ヘルプ記事で見つけることができます。
  2. 初回起動時に、マイクとカメラの使用を許可するように求められます。これは初期設定時にのみ必要です。OKをクリックすると、スクリーンレコーディングの許可を求めるプロンプトが表示されます。
  3. Appleメニュー>システム設定で、左側のナビゲーションバーでプライバシーとセキュリティをクリックします。スクリーン レコーディングを選択し、この許可を付与されたアプリケーションのリストが表示されます。+アイコンをクリックし、"LIVEAWARE Desktop Recorder"を選択し、開くをクリックします。LIVEAWARE Desktop Recorderを再起動するように求められるので、終了して再開をクリックします。

注: 現在、MacOS デスクトップレコーダーはコンピュータのマイクを介してのみオーディオをキャプチャできます。ゲームのオーディオキャプチャも必要な場合は、ヘッドホンを使用せずにプレイし、マイクがコンピュータのスピーカーから再生されるゲームのオーディオもキャプチャします。

 

Apple ロゴとシンボル、意味、歴史、PNG、ブランド

MacOS用 Live Aware デスクトップレコーダー (Apple Silicon) をダウンロード

MacOS用 Live Aware デスクトップレコーダー (Intel) をダウンロード